ここプロ
ここプロ > NLPで学べること > NLPのはじまり

NLPのはじまり


これまでの心理学の歴史は、

精神的な障害をもつ方の症状を観察して原因を解明し、

それによって治療法と解決策を見いだそうとするものでした。

 

1970年代にNLPを創設したリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーは、

少し変わった角度から、精神的な問題にアプローチしました。

 

彼らは、うつ病患者の対応で既に効果を上げていた

3名の天才的なセラピスト、

✔ミルトン・エリクソン(催眠療法)

✔フリッツ・パーズ(ゲシュタルト・セラピー)

✔バージニア・サティア(家族療法)

を観察し、分析し、研究しました。

 

3人のセラピストは非常に異なった性格の持ち主で、

一見すると全く共通点がない様に見えましたが、

「脳のプログラミング」と「言葉の使い方」という

二つの観点から分析すると、

3人の治療には、驚くほど共通したテクニックが使われている事が分かりました。

 

その共通点とは、

 

特定の言葉遣い

行動パターン

無意識の使い方

 

です。

 

 

このパターンを収集し、解明し、体系的にまとめる事で

実際に活用できるようにしたのがこのNLPです。

 

 

NLPロゴ2

 

 リチャード・バンドラーは元々、

数学者、情報科学を専門とする科学者であり、

ジョン・グリンダーは言語学者でしたので、

心の問題に対するアプローチが

それまでのアプローチと全く違ったモノになったのかもしれません。

 

 

 「人の脳がコンピューターと比較してどのように機能しているか」

「言葉の使い方がどのような影響をもたらしているのか」

といった、認知科学・脳科学とも調和した観点で検証しており、

非常に効果を発揮するアプローチが体系化されたため、

「現代の魔法」とも呼ばれています。

 

 

リチャードは、現在に至るまで40年以上の年月をかけて研究を重ね、

統合失調症などの「難しい」とされる問題でも、

短期間で解消させる事を可能としています。

(※脳の機能不全などによる場合は、専門医療による治療が必要です)

 

 『恐怖症やトラウマが、たった一度の経験で起きるのであれば、

一度のセッションで治せるはずだ』

そう語ったリチャードは、

当初、検証を重ねたセラピスト達のアプローチに改良を重ね、

更に短期間で効果を上げることができるようになりました。

 

 

 現在、NLPは治療だけでなく、

スポーツ、ビジネス、教育、医療といったありとあらゆる分野で使われ、

それまで考えられなかったような結果を出しています。

 

スポーツ界では、

男子テニスの世界ランキングの1位から

100位以下まで一旦落ち込んだアドレ・アガシ選手が、

NLPのアプローチを取り入れる事で、

再度1位に返り咲いたり、

 

政界では、巧みな演説で人々の心をつかんだ

オバマ大統領やクリントン元大統領などが、

NLPの手法を取り入れた講演を行い、

成果をだしたことでも有名です。

 

NLPをどのように学んだら良いか、

このサイト内で解説しています。

また、詳しい情報が必要な方は、

お勧めのスクールなどもご紹介致しますので、

メールでお問い合わせください。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

同ジャンル・関連ページ

NLPの学び方

NLPとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です